カナガンキャットフード お試し 100円モニター

今ならカナガンキャットフードのお試しが無料!全額返金保証付き!

 

最近『カナガン』というキャットフードについて、多くの広告が目に留まりますよね。英国王室より表彰されたキャットフード、プレミアム・キャットフード売り上げNo.1など、魅力的な言葉が並んでいます。

 

カナガンは、グレインフリーのキャットフードです。

 

かつ、60%以上が新鮮な平飼いの鶏肉によって作られているので、たんぱく質も豊富なご飯です。肉食の動物にとって、良質なたんぱく質を食事でしっかり摂れることはとても重要なこととなります。

 

でも、どれだけいい食材を使っていても、ご自宅の猫ちゃんが気に入ってくれるかは別問題!買ったけどなかなか食べてくれない…。そんなすれ違いを解消するために、まずはお試ししてみませんか?

 

>>今すぐ無料でカナガンを試したい方は必見!
※当サイトでは、カナガン100円モニター専用公式サイトへのリンク先を紹介していますが、人数が1,000名様に達した時点で募集終了となり、通常のカナガン公式サイトが表示されるようになっていますのでご了承くださいm(_ _)m

 

今なら先着1000名を対象に、100円のモニターを募集しています。

 

容量は50gで、お試しにはちょうど良い量ではないでしょうか。1000名限定ということもあり、お早めにお申し込みされることをお勧めします。

 

今回のカナガンキャットフードお試し100円モニター募集の対象は、ご自宅の猫ちゃんの健康のために、食生活を変えたいと考えている方になります。なので、申込時に確認のチェックをお願いします。

 

申し込みのstep2では、次回本商品購入の仮予約について説明があります。キャンセル自由な次回本商品購入の仮予約をすることで、モニターの料金100円が無料になります。

 

さらに!仮予約分の本商品が10%OFFで購入できる権利もついてくるんです!

 

また、猫ちゃんが気に入って定期購入する場合、最大で20%OFFで購入することも可能になるとのことです。

 

もし定期購入を解約する場合は、カナガン公式サイトにある会員専用のマイページから解約することが出来ますし、電話で解約することもできますので楽ちんですよね(^^♪

 

商品が届いたら、普段のご飯に少しずつ混ぜてあげてみましょう。急にご飯を変えてしまっては、食べられない子も多いので、匂いや大きさにも慣れていくことが大切です。

 

ゆっくり、猫ちゃんのペースで変えてみてください。

 

さらに、今回モニターコースを申し込みされた方限定で、全額返金保証付きでお試しできる『お試しコース』のチケットも同封されています!

 

モニター商品は50gなので、ご飯になれる前に終わってしまうことがあるかと思います。

 

今回の『お試しコース』は、モニター商品の到着から10日以内の申し込みで、定期コースと同じ割引やサポートをしていただけます。

 

しかも全額返金保証付きなので、もしご家庭の猫ちゃんが気に入らなかった場合でも返金してもらえばいいだけですのでリスクなくお試しできて安心ですよね(^_-)-☆

 

 

>>今すぐ無料でカナガンを試したい方は必見!
※当サイトでは、カナガン100円モニター専用公式サイトへのリンク先を紹介していますが、人数が1,000名様に達した時点で募集終了となり、通常のカナガン公式サイトが表示されるようになっていますのでご了承くださいm(_ _)m

 

 

必見!カナガンの原材料!

 

キャットフードって何からできているのか知っていますか?

 

一般的なものとしては、肉類や魚肉、穀類などが多いとされています。

 

特に穀類は安価なため、成分の大部分を占める場合もあります。

 

人間を含めた多くの動物は、炭水化物が体内でグルコースとなって特定の器官や組織におけるエネルギー源となりますが、

 

肉食動物である猫ちゃんは代謝の違いから雑食動物に比べて、食事中の炭水化物をエネルギーとして利用する能力が劣っていると言われています。

 

そこで、今回ご紹介する「カナガン」について、検討してみました!

 

 

カナガンの原材料を見てみると…

乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%、サツマイモ、ジャガイモ、鶏脂4.2%、乾燥全卵4%、チキングレイビー2.3%、サーモンオイル1.2%、ミネラル類(硫酸亜鉛一水和物、硫酸第一鉄水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、アルファルファ、クランベリー、タウリン、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ

 

人も食べられるもので作られていることがよくわかりますね!

 

成分の60%以上が鶏肉でできています!

 

猫ちゃんの必須である栄養素としてアラキドン酸, レチノール, タウリンが知られていますが、これらを代謝する酵素が猫ちゃんの身体には備わっていません。

 

酵素は主に動物性たんぱく質に含まれているので、良質なたんぱく質の摂取が重要となります。
カナガンは、ストレスフリー環境で育てられたイギリス産の平飼いチキンを60%以上使用しています。

 

高たんぱくな乾燥チキンと消化に良い生ミンチを蒸し焼きにして使用し、ビタミンやリン、セリンを豊富に含んでいます。

 

カナガンはグルテンフリー!

 

人間にもアレルギーがあるように、猫ちゃんにも食物アレルギーがあります。

 

アレルギーの症状は人と同様で、皮膚トラブルを生じてしまうことがあります。

 

猫ちゃんがアレルギーを引き起こす原因は多くありますが、キャットフードに多く含まれている物が、穀類(大豆や小麦粉、穀物)です。

 

従来のキャットフードには、肉類より多く穀類が含まれていることもあり、アレルギーを発症してしまう猫ちゃんもいました。

 

カナガンには、穀類の代わりにさつまいもが使われています。

 

ゆっくりと消化・吸収されるため、身体への負担が少ないことが魅力的です。

 

また、野菜を含めて海藻やクランベリー、マリーゴールド、カモミールなど、健康に効果的なものも多く含まれています。

 

気になるカロリーは…

 

カナガン100gあたり約390kcalになります。

 

他のご飯に比べて少し高めですが、成分を見てみても、30%がたんぱく質で占められているので、猫ちゃんの身体にも優しいご飯だとわかります。

 

一日辺りの供給量の目安もホームページで示されているので、猫ちゃんの肥満や痩せすぎ防止に役立てられますね。

 

 

ご飯で予防できる病気!猫ちゃんの健康を守ろう!

 

ご飯は毎日食べるものなので、猫ちゃんの健康に直接関係があるものでもあります。

 

カナガンに含まれている材料の中には、猫ちゃんの健康維持に必要なものがたくさん含まれています。

 

ここでは、そのうちの3つをご紹介します!

 

嬉しいハーブの効果

 

カナガンに含まれているマリーゴールドやカモミール。

 

これらのハーブ類は、私たちもハーブティーとして利用することもしばしばです。

 

マリーゴールドには、肌を整える効果もあり、古代エジプトでは若返りの秘薬としても利用されていました。

 

また、抗炎症作用もあるため、17世紀の医療で頭痛や熱に対する薬として使われていました。

 

カモミールは、イギリスで最も古くから知られていた薬用植物になります。

 

ドイツやフランスでは、子供たちの万能薬として人気が高く、女性特有の病気や神経障害に対しても良い効果が得られています。

 

効能としてはマリーゴールドと同等ですが、それに加えて、アレルギー改善に効果が高いといわれています。

 

これらの成分が、毛並を良くしたり、体調を整える一助になるようですね。

 

タウリン2200mg/kg配合!

 

猫ちゃんの体内で作ることが出来ない必須アミノ酸である’タウリン’が、カナガンには多く含まれています。

 

タウリンの働きとしては、目・心臓・肝臓の健康を保ち、成長発育を促進します。

 

タウリンが不足してしまうと、これらの組織に異常が生じてしまうことがあるので、注意が必要です。

 

タウリンを過剰摂取した場合、不要なものは尿中に排出されるため、副作用等の心配はありません。

 

なので、安心してご飯を食べてもらえます。

 

尿路結石予防にクランベリー!

 

猫ちゃんに多い病気として、腎臓疾患が挙げられます。

 

中でも、尿路結石は食事や水分の摂取で予防可能なものなので、ご飯選びは大切ですね。

 

カナガンは他の尿路結石予防用のご飯に比べて、マグネシウムやリン、カルシウムが豊富に感じます。

 

しかし、これらの数値は正常な範囲で、かつ人工添加物を使用してない面でも安全なご飯といえます。

 

また、十分に水分を摂取できる環境にあれば、pHコントロールも可能です。

 

加えて、カナガンにはクランベリーが含まれています。

 

クランベリー中に含まれるキナ酸は、肝臓を経て場尿酸へと変化し、尿を酸性に保つ働きがあります。

 

尿路感染症再発予防効果も臨床試験により認められているので、信頼性は高いですね。

 

しかし、カナガンには他のご飯に比べて繊維質がやや少なめで、脂質がやや多い傾向にあります。

 

なので、急激なご飯の変化でお腹を壊してしまう場合があります。

 

少しの間様子を見て、治らないようであれば獣医さんに相談してみましょう。

 

中には鶏肉にアレルギーを示してしまう子もいるので、気を付けてあげましょう!

 

 

猫ちゃんのごはんの量はどれくらい?カナガンは?

 

猫ちゃんには個体差があり、年齢や一日の活動量、代謝の良し悪し、暮らしている環境などに応じて、適切なご飯の量は猫ちゃん毎に違います。

 

たくさん動く元気な若い子と、寝ることが多くなってしまったシニア期の猫ちゃんでは、必要なカロリーや栄養素もちがいますよね。

 

まずは推奨されている給与量の最少量から始めて、調節していくことをお勧めします。

 

 

ちなみにカナガンは…

 

●太りぎみの場合 → 10%減らす
●痩せぎみの場合 → 10%増やす

 

というように調節することがおすすめされています。太りすぎも痩せすぎも身体に負担がかかってしまうので、適正体重を目指しましょう!

 

 

この量に合わせて、普段のご飯からゆっくりカナガンに変えてみましょう。

 

1日目は、カナガンを25%、もとのフード75%の比率で、
3日目は50%、5日目は75%、7日目は100%となるように、カナガンの量を増やしていくことがおすすめです。

 

中には一か月かけてご飯を変えないと食べてくれない子もいるので、焦らないことが大切です。

 

保存方法は、他のフードと同じように、湿気を避けて密封して保存することをお勧めします。

 

涼しい場所に保管しておくのも大切ですよね。

 

 

猫ちゃんのご飯・カナガンのいいとこ・わるいとこ。口コミ徹底比較!

 

カナガンで猫ちゃんの健康にどういった影響があるのか、気になりますね。

 

口コミの評価では、お腹を壊してしまった子や目やにが出てしまう子など様々な感想が目につきます。

 

そこで、なぜそういった症状が出てしまうのか、検討してみました。

 

たんぱく質が多くて目やにがでる!?

 

猫ちゃんは高たんぱく質のご飯を食べると、涙腺から目やにとしてたんぱく質が排出されることがあります。

 

カナガンの原材料を見てみると、たんぱく質多めで且つ低炭水化物であるとわかります。

 

炭水化物が多めのご飯から変えられたことで、目やにが多くなってしまったのかもしれませんね。

 

健康上問題があるわけではないので、ウエットティッシュで拭ってきれいにしてあげましょう!

 

しかし、たんぱく質多めということは、魚や肉に含まれているリンが多いということです。

 

リンの過剰摂取は、腎臓病へと繋がります。

 

なので、腎機能が低下しているシニア期の猫ちゃんへ与えるのは少し心配になります。

 

健康診断で腎臓の状態を確認してからの変更をお勧めします。

 

けれど、腎機能も元気な青年期の猫ちゃんにはとてもおすすめなご飯です!

 

オメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸は、毛並を良くしたり炎症を抑える効果もあるので、健康的な体を手に入れる助けになると思います。

 

また、タウリンを多く配合されていることも魅力的です。

 

成長や心臓や肝臓の働きに必須なタウリンですが、猫ちゃんの体では作ることができません…。

 

なので、成長期の猫ちゃんはもちろん、タウリンを多く配合されているご飯は必要になります。

 

繊維質が少なめでお腹を壊しちゃう?

 

長毛種の猫ちゃんには’毛玉対応’のご飯が選ばれやすいので、どうしても繊維質が多くなります。

 

繊維質が多いご飯から急に繊維質やや少なめのカナガンに変えてしまうと、下痢になってしまう子も出てきてしまいます。

 

また、脂質も多めに配合されているので、それも原因となってしまう可能性もあります。

 

 

猫ちゃんの体質に合わせてご飯を選択するために、今食べているご飯の成分や体調をしっかり観察することが大切です。

 

また、急に全部のご飯を変えてしまうと戸惑って食べてくれない場合もあるので、少しずつ普段のご飯に混ぜてあげることをお勧めします。

 

数か月もすれば、きっと毛並や体調が整ってくると思います。

 

 

カナガンとモグニャン、おすすめはどっち?

 

同じ会社から発売されている商品だと、どちらを選んでいいかわからない場合があります。

 

今回は、同じ株式会社レティシアンから販売されているカナガンともぐにゃんのそれぞれの特徴をくらべてみました!

 

ちなみに、どちらのご飯もグルテンフリーで無添加な商品になります。

 

また、お値段も容量も同じです!

 

お魚?お肉?好きなのはどっち?

 

カナガンとモグニャンの一番の違いは’味’と言っても過言ではありません。

 

カナガンが鶏肉をメインに作られているのに対して、モグニャンは白身魚をメインに作られています。

 

なので、お魚好きな猫ちゃんにはモグニャンを、お肉が好きな猫ちゃんにはカナガンをお勧めします。

 

また、白身魚から作られているモグニャンは、低脂肪かつカルシウムやビタミンも多く含まれているので、子猫やシニア期の猫ちゃんに適しています。

 

逆に、活発で元気な若い猫ちゃんには、タウリンが多く配合されているカナガンがおすすめです。

 

モグニャンでも先着1,000名様の100円モニターを募集していますので、参加されてみてはいかがでしょうか?(^^♪

 

しかも今なら秘密のキャンペーン中で先着300名限定でモグニャン半額購入ができるチャンスですよ!

 

カロリーに違いはあるの?

 

カナガンは比較的カロリーが高めで、100gあたり390kcal、比べてモグニャンは低カロリーであるため、100gあたり374kcalになります。

 

あまり運動しない猫ちゃんにはモグニャンの方がおすすめですね。

 

けれど、運動大好きな猫ちゃんには少し物足りないかも…。

 

環境や運動量もご飯を選ぶときに大切な情報になりますね。

 

結構違う粒の大きさ!

 

粒の大きさも、猫ちゃんには重要なポイントです。

 

歯が弱くなったシニア期の猫ちゃんや口が小さい子猫には、モグニャンのように粒が小さいものが食べやすく、食いつきもよくなる傾向にあります。

 

しかし、全年齢に対応して食べられるカナガンは、お湯でふやかしてあげるなどの工夫でシニア期の猫ちゃんにも食べてもらえます。

 

食が細くなっている場合、一度の食事でカロリーを補う必要も出てきます。

 

低カロリーのご飯ではたくさん食べる必要が出てきてしまうので、カナガンはそういった面でお勧めになります。

 

 

カナガンもモグニャンも、とても良いご飯になります。ご家庭の猫ちゃんが喜ぶ方を選ばれてみてください。

 

 

Amazon?猫ちゃんも飼い主さんも嬉しいカナガン購入方法

 

カナガンを購入しようとした場合、どこから購入するのがお得なのか気になりますよね。

 

一年間の食費を考えると、すこしでも安くしたいと思ってしまいます。

 

なので、カナガンを販売しているサイトを探してみました。

 

 

Amazon

 

一つ目は、ネットショッピングでよく知られているAmazonになります。

 

送料無料で、内容量は1.5kg。価格は4,965円になります。お急ぎ便の対応もあるので、

 

急に無くなってしまったり、必要になった時には利用できますね。

 

公式サイト

 

一点からでも10%off!商品も配達周期も自由に選べます。

 

また、休止も再開もwebで簡単に変更できるので、おすすめです。

 

税抜き価格で定価3,960円が10% offで3,564円になります。

 

3つ以上の注文で送料無料になり、7,000円以上のご注文で15%off、20,000円以上の注文で最大20% offの割引率となります。

 

これだけ見ても、公式サイトでの定期購入がお得になりますね。

 

Yahoo!

 

ちなみに、yahoo!ショッピングでも販売されていました。

 

しかし、5,265円から6,954円と幅があり、公式サイトと比べるとかなり高額であるとわかります。

 

出品数はAmazonより多いようですが、あまりお勧めはできません。

 

残念ながら、ポイント利用ができる楽天ではカナガンの取り扱いをしていませんでした。

 

以上の三点からみても、カナガンは公式サイトで購入することをお勧めします。

 

急に必要となった場合は、Amazonの利用も可能ですが、転売業者の見極めが大事です!

 

 

>>今すぐ無料でカナガンを試したい方は必見!
※当サイトでは、カナガン100円モニター専用公式サイトへのリンク先を紹介していますが、人数が1,000名様に達した時点で募集終了となり、通常のカナガン公式サイトが表示されるようになっていますのでご了承くださいm(_ _)m